割烹料理 かに満
当店は法事後の会食も多数のご利用があります。ご年配客への配慮として高座椅子もご用意致します。
........................  .............................
25名様個室 50名様個室


法要会席 遥(はるか)6000円(税込)昼の会食等に、お手頃な会席料理をご用意致しました

      本ずわいがにや、旬の材料を用いた全6品のお料理です。※仕入れにより内容が少し変更する場合がございますので、ご了承下さい。

 
1品目 前菜三種盛り 2品目 お造り盛り合わせ 3品目 本ずわいがに一人鍋 4品目 天麩羅盛り合わせ
前菜三種盛り

写真左 : 胡麻豆腐。
写真中 : 香住産のかに味噌 かに身乗せ。
写真右 : 菜の花のおひたしいくら乗せ。

内容は日によって変わります。

お造り盛り合わせ

ハマチ・鯛・トロサーモン等鮮度の良いお魚の盛り合わせです。
内容は日によって変わります。

本ずわいがに一人鍋

一人用のミニかに鍋です。あらかじめかにの旨みを出した特製だしで煮込むので野菜もより一層美味しく頂けます。かに身も食べ易くしてあります。

天麩羅盛り合わせ

定番の海老の天麩羅です。天麩羅は衣をやや少なめにしております。素材の味と、お客様の健康重視しての事です。創作ねたも盛り合わせております。

 
5品目 かに雑炊 6品目 雪だるまのデザート
かに雑炊

かにの旨みがでた特製だしを使いご飯は水洗いをしてぬめりをとり手ほぐしのかに身を上にちらして仕上げます。絶品です!

抹茶生チョコアイス

宇治と言えば抹茶
抹茶で有名な宇治に近い、かに満では
デザートに抹茶味の生チョコアイスを提供
上品で濃厚な味をご堪能下さい

 

このページ上部へ

 
 

その他、かに会席料理7000円~もご用意致します。

 
 

御法要について

 
【仏式】

初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、七七日(四十九日)、百か日、一周忌(満一年)、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌とありますが、現在では十三回忌のあと三十三回忌までの年忌法要を省略し、三十三回忌で終わらせることが多いようです。年忌法要は祥月命日に行うことが最良ですが、最近では皆さんが参加しやすい土曜日や日曜日に行うことが多く、その場合は日にちを前にずらすことが常識とされています。

 
【神式】

十日祭、二十日祭、三十日祭、五十日祭、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、五十年祭の年忌祭を行います。

 
 
送迎タクシーのご用意承ります。 10名様より無料送迎いたします。 宴会・法要などにご利用ください。

送迎はお迎えが無料で、さらに帰りは1メーター分の金券を進呈。

10名以上から送迎のご相談に乗らせて頂きます。混雑時や送迎場所等によっては対応出来ない場合がありますが、ご予約時に相談下さい。

 
   
   
 

このページ上部へ

 
 
 

かに料理専門店のかに満は食の安全・安心には、特に気を配っております。

 
 
宇治公衆衛生協会会員

宇治公衆衛生協会会員

食品衛生の講習会にも定期的に出席しております。

  食中毒対策

食中毒対策

生ものを扱うので衛生面にも気をつけております。

  京都食品衛生大会

京都食品衛生大会にて

2010年 衛生管理面で当店『かに満』が優良施設に選ばれました。授賞式展の様子です。

 
 

当店はかに料理ひとすじ18年間、営業を続けておりますが、いまだかつて、食あたり等の苦情を受けた事が一度もありません。どうぞ、ご安心してご来店下さいませ。

       

営業時間 11:00~22:00  但し完全予約制 季節限定営業(夏季休業
年末年始12月31日~1月2日の3日間はお休みとさせて頂きます

電話番号 0774-66-3984    メールでお問合せ・ご予約 
来店3日前迄にご予約下さい。
仕入れの都合上ご理解願います

※当店は仕入れと仕込みに大変手間をかけております。ご了承ください。
クレジットカード利用不可 (お支払は現金のみでお願い致します)

所在地
〒610-0121 京都府城陽市寺田北山田91-4
城陽駅から当店まで徒歩3分。

世界遺産平等院や宇治茶・抹茶で有名な宇治から約5分で城陽に来れます。

宇治→城陽 快速で5分
       
 
トップページ | お料理 | お部屋 | 還暦・七五三特典 | 交通アクセス | 周辺観光 | 過ごし方提案 | こだわり | 宴会プラン | 二次会プラン
 
会社概要 | お客様の声 | よくある質問 | プライバシーポリシー
 
 

かに料理ひとすじ20年の道のりは決して楽なものではなく、過去に不景気で苦しんだ事もありましたが、かに料理を追求し独自性を確立した技と味をご賞味下さい   Copyright(c)2012 かに満 All rights reserved.